読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRM318西東京しおかつお達磨山

AJ西東京 Brevet 200km

1. Summary

Section Distance Elevation Depart(p) Arrive(p) - Depart(a) Arrive(a) -
Start -> CHK 33.6 km +760/-184 m 03/18 07:00 03/18 09:30 2.00 H 03/18 07:30 03/18 09:23 1.88 H
CHK -> PC1 70.6 km +1,555/-2,179 m 03/18 09:45 03/18 13:45 4.00 H 03/18 09:25 03/18 13:05 3.67 H
PC1 -> PC2 88.9 km +2,156/-2,159 m 03/18 14:00 03/18 19:00 5.00 H 03/18 13:20 03/18 18:01 4.68 H
PC2 -> Finish 13.1 km +86/-73 m 03/18 19:15 03/18 20:00 0.75 H 03/18 18:24 03/18 19:02 0.63 H
Start -> Finish 206.2 km +4,557/-4,595 m 03/18 07:30 03/18 20:00 12.50 H 03/18 07:30 03/18 19:02 11.53 H

11.53Hにて認定完走。

2. Equipment

服装。

  • Rapha Pro Team Training Jacket.
  • Rapha Pro Team Winter Tights with pad.
  • UnderArmour ColdGear Compression.
  • Harzl GRIPPP! Full Finger.

バイク装備(収容)。

  • Apidura Road Frame bag small.
  • ORTLIEB saddlebag micro.

バイクは、タイヤをVittoria OpenCorsaからMichelin PowerAllSeasonへ、チューブのバルブ長を42mm→51mmへ変更した以外は変更なし。
服装は午前に標高1,000m近くの達磨山に登ること、その後に一気に降りること、予想気温が3~15℃のため、最低気温に寄ったチョイス。
結果的には、午後の海岸線沿いを走っている最中、曇天で気温も落ち込んでいたので、最高気温に寄った装備では冷えて仕方なかったと思う。
グローブはASSOSアーリーウィンターからGRIPPP!フルフィンガーへ。矛盾するようだけれど、低標高の区間が多くを占めるこの行程で、冬用グローブは過剰装備の判断だった。BRM218でも暑くて脱いでいるときのほうが多かった。付け加えれば、ASSOSアーリーウィンターはグリップが甘いので、ギャップで手がすっぽ抜ける恐れがある。
Framebag(S)にはハンドポンプを入れた。チューブ交換といい、前回の失敗から素直に対応した。

3. Schedule

Brevetは大まか、100km/1,000mのルートが多いが、しおかつお達磨山は、この大まかから大きく逸脱した4,500m超。

その事実に、開催5日前に気づく。
ともあれ。10.0Hでの完走行程は、1日を2人日で消化するようなもの。仕事じゃないんだからマジメに行程を引きたい。
序盤の達磨山プロフィールは、榛名山に似る。90分で消化すると決めた。根拠なぞない。
通過チェック→PC1はグロス20.0km/h計算から+1.0H。その調子でPC1→PC2にも1.0Hくれてやろうと思えば、Timeoutすることに気づいて、後行程にシワを寄せるいつものやりかたで、こちらには+0.5Hとした。
各ポイントでの休憩時間は0.25Hのまま。前回守れた実績をベースに組み立てる、好都合しか見ないやりかた。疲れてへたり込んだとき、0.25Hで済まなかった実績のほうが圧倒的に多いのに、……目をつぶったのである。
ぼくはこんなPMは殴ることに決めている。

4. Actuals

4-0. JR三島駅北口

現地まではクルマで。新幹線駅だから輪行も検討したのだけれど、始発に近いこともあって、移動時間がクルマの2倍近かったので見送り。
受付では、先日亡くなられたAJ会長稲垣氏のため、喪章が配られていた。胸に喪章を付ける。どうかやすらかに。
今回のBrevet、ざくさんが参加している。達磨山前でぼくが千切れて消えるとはいえ、途中までは一緒にいくことに。

4-1. Start@JR三島駅北口広場 → 通過チェック"だるま山高原レストハウス"(33.6km/2.00H/+760m/-184m)

今すぐおうち帰っておふとんでFGOやりたい。……この心境でスタート。
言い訳をすると、実績ベースで行程を組み、走るスタイルを確立してからは、実績からハシゴを掛けて目標を上に積んできていた。……いや、たまに上に積んでた。
ぼく基準、獲得標高が4,500mの200kmはハシゴよりもブースターが要る。
三島駅を出てから、狩野川沿いに修善寺を目指す。数年前に正太郎レーシング忘年会@下田で走ったなと思い出しつつ。
修善寺からは達磨山へ向かうためK18を走るのだけれど、温泉街の裏通りのような細い道。
勾配のキツくなってきたところで、ブル様やざくさんから切り離されてソロ活動。修善寺温泉の街並みを終えれば、山間の見慣れた色合いの風景を登っていく。
通過チェックのだるま山高原レストハウスには、1.88Hにて到着。じつは7:38にスタートしているから、グロス1.75Hが正しい。脚の消耗は想定どおりに致命的。
予想外であったのは、ブル様ざくさんのファストチームの出発ごろに到着したこと。クイズ回答を撮影して、そのまま合流(待っていてくれたので)。

4-2. 通過チェック"だるま山高原レストハウス" → PC1"サークルK南伊豆下賀茂店"(70.6km/4.00H/+1,555m/-2,179m)

よし心肺も腐ってる。ダメだこれ。
待っていてくれたのだけれど、5.0km後にはふたたびソロ活動。戸田峠を過ぎて西伊豆スカイラインに入れば、雪をかぶった富士山も、三島と沼津の街並みも遠く見下ろせる絶景を拝める。
標高1,000m近いというのに、晴れの日が幸いして然程寒くなかった。ジッパーを下ろしてグローブを外して放熱量を増やす。もちろん下るときにはジッパーを上げる。
船原峠→仁科峠と稜線を伝っていく。記憶の通過チェック→PC1は、達磨山からすぐに降りて低標高の山間を走っていくものなのに、いつまで経っても急峻なダウンヒルに辿り着かない。道間違えてるんじゃなかろうかと、稜線の上、一本道を走りながら思う。
仁科峠までの道中、5人ほどに抜かれる。登りの遅いのは自覚している。
K59のダウンヒルは、思ったより時間を稼げなかった。ブラインドカーブの連続に、道端に堆積した枯れ葉が、否応なく安全マージンを多く見積もらせる。舗装状況もよくないとはブリーフィングで指摘あった気がする。ギャップで跳ね回らず済んだのは、25cタイヤの恩恵だった。0.5barほど抜いてやれば、もう少し快適に下りられたように思う。
マーガレットラインに入る。もはや均一にクランクを回し続けてやることもできず、続く区間こそこのBrevetの最高難度であるはずなのに、PC1で朽ち果てる脚の消耗だった。つれぇ。
だが結果を見てみれば、片目をつぶればグロス20.0km/hというところ。うん、道中でおしっこ休憩したことを思えば。
ファストチームの出発に、またもや遭遇。思ったより離れていないのか?と思う続きは、やべぇオーバーペースだ死ぬというアラートでしかない。

4-3. PC1"ミニストップあすみが丘東店" → PC2"ミニストップ沼津内浦店"(88.9km/5.00H/+2,156m/-2,159m)

Garminログがブッ飛んだ。なんならぼくの記憶もブッ飛ばしたい。行程確認のため、ridewithgps。
蛇石峠をヘロヘロとこなし、下って20km。まだ獲得標高が400m程度という現実に泣きそうになる。平均的に獲得標高を積み重ねるなら、蛇石峠が90km続くようなものなのに。足りなさ過ぎる。
平坦がなく、坂道用の脚が尽きたいま、抜かれど抜き返すことはなし。
山を終えて海岸線に出て、脇を走るクルマの風に背を押され、トンネルをくぐり進んでいき気づく。……おや?登ってないぞ?
Garminの標高変化グラフを見る。スパイク状に飛び出た標高変化のほとんどは、トンネルでスキップされている。事実、45kmと半分の行程を終えて、獲得標高は600mちょっと。この数字は当初計画の半分強というところで、記憶のなかの区間残りは、伊豆らしいノコギリ状のアップダウンは続くが、極端に登らない。
進捗どうですか?と聞かれれば、グロス20.0km/hですよ、と回答できる状況。
これまでのいくつかの貯金をまとめれば、11.0Hの壁を突破できるかもしれない。少なくとも、12.5Hよりは短く終えられる見込みを立ててよい。
楽観だろと諌めるには、状況的に追い風が過ぎている。
土肥の街並みを通過。ここからのK17のノコギリ状アップダウンはもちろん脅威だが、いくつかのスパイクはトンネルに違いない。精度は変わらないから、600m程度登ってお終いになるのだろう。

自身で計画を立て、自身で行程をこなしていくようなプレイングマネージャが、プロジェクトの途中で「~見込みを立ててよい」「~に違いない」とか言い始めたら、状況はひとつきりだ。

彼はとっくにプロジェクトの全貌を見失っているし、そのプロジェクトは、最短、要件定義の時点で、崩壊している。

結果。
区間より強めに片目をつぶってやればグロス20.0km/hというところ。前半貯金を後半ですっかり食い潰したというのが事実なんだけど。
ともあれ当初予定より、1.0Hちょっと早く進捗しちゃっている。そして肝心の獲得標高は、大凡で1,600程度……かな。
土肥から先のK17は、引いたルートの数字を信じていい。誤差は小さい。

4-4. PC2"ミニストップ沼津内浦店" → Finish"セブンイレブン三島二日町"(13.1km/0.75H/+86m/-73m)

もう登らない嬉しみからペースを上げて突っ走る。市街地の信号峠に捕まって、突っ走った結果が7分の巻きだから、油断したらアウトだった。

終わってみれば、当初計画より1.0H早い結果だった。前回のBRM218といい、勘違いさせ易い状況が調いつつある。マズいね。

5. PostScript

ざくさん通いのラーメン屋さん。美味しかった。豚骨醤油がくちびるに染みた(荒れてた)。

今年に入った2戦でグロス20.0km/hをしつこく繰り返しているのは、それで走れるようになりたいからなのだけれど、平日の練習がキモだなと実感せずにおれない。30分でいいから走ろう。
装備類(収容)は、次戦BRM401千葉400kmも同じ構成で挑んでみようか。服装は、ジャケットから長袖ジャージに切り替えて。